Grant · grant information

沖縄県 NEW

【設備改修・非接触チェックインインシステム・サーマルカメラなどの導入に活用できる補助金】「おきなわ宿泊事業者感染防止対策等支援事業」につきまして先立ちお知らせいたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

「おきなわ宿泊事業者感染防止対策等支援事業」につきまして先立ちお知らせいたします。

本事業は、沖縄県内の宿泊事業者が行う感染防止対策や新たな観光需要への取組のための経費を支援するものです。

事務局

○一般財団法人沖縄観光コンベンションビューロー
https://oki-shukuhaku.com/

補助対象者

① 旅館業法に基づく営業の許可を受けた沖縄県の宿泊施設であること。
(ただし店舗型性風俗特殊営業を営む宿泊施設は除きます)※住宅宿泊事業法や国家戦略特区法に根拠を有する民泊は対象外となります。
② 補助金の申請日より前に開業し、営業の実態があること。
③ 補助金交付後においても営業を継続する意思があること。
④ 事業内容が公の秩序若しくは善良の風俗を害することとなるおそれがないこと。
⑤ 事業を営むに当たって関連する法令及び条例等を遵守していること。
⑥ 「暴力団排除に関する規定」を遵守し、本件に係る沖縄県警察本部への照会について予め承諾すること。

補助対象事業

(1) 感染拡大防止対策の取組
新型コロナウイルス対応ガイドライン等に対応するために実施する感染拡大防止対策に必要となる設備、機器、必需品等の購入等

(2) 新たな需要に対応するための取組
マイクロツーリズム、ワーケーション等に対応したコンテンツの開発、施設改修や非接触チェックインシステムの導入等 新たな需要に対応するための受入環境整備※新たな需要を創出すると説明がつくものに限ります。

補助対象経費

(1) 感染拡大防止対策の取組

1.衛生管理機器備品
<具体例>
・サーモグラフィー
・人数カウント装置、混雑可視化システム
・体調管理機器(検温器など)
・業務用食器洗浄機、包丁まな板殺菌庫、掃除機
・イオン・オゾン・紫外線等の発生装置
・殺菌エアタオル、衣類クリーンロッカー、リネン寝具消毒器
・煮沸消毒槽、食器消毒保管庫、高圧スチーマー
・除菌タオル、除菌スリッパディスペンサー

2.衛生対策工事・代行経費
<具体例>
・抗菌・抗ウイルスを目的としたコーティング(光触媒コーティング、抗菌コーティング等)
・抗菌素材の床や壁紙などへの張替え
・窓の新増設、テラス席設置、個室化(隔壁等の設置)
・抗菌建材による客室内家具の設置
・送迎用車両の感染防止対策
・新型コロナウイルス患者が発生した宿泊施設内の消毒作業等の外注経費
・衛生対策工事に関わる撤去費

3.飛沫防止・換気
<具体例>
・パーテーション、CO2モニター、遮蔽用ビニール、遮蔽用アクリル板
・空調設備の導入または強化
・飛沫拡散抑制用エアカーテン、換気または除菌機能付きのエアコン、フィルター
・空気清浄機、サーキュレーター、自動開閉式便座
・扇風機、商品の防護ケース、網戸、ドアストッパー
・蓋つき容器、容器の蓋、換気扇

4.衛生用品・使い捨て
<具体例>
・マスク、マスクケース、除菌シート、マット
・フェイスシールド、マウスシールド、ゴーグル、うがい用品
・ヘアネット、ペーパータオル、ペーパータオルホルダ、ペーパータオル用ごみ箱
・マイクカバー、ルームサービス用ワゴン
・ビニール手袋、布団、部屋食用の消耗品
・アルコール消毒液、次亜塩素酸水、除菌液など
・石鹸、洗浄剤、使い捨てスリッパ
・漂白剤、抗菌・抗ウイルスを目的とした製品

5.非接触化・告知用品
<具体例>
・セルフレジ、セルフチェックイン導入、キャッシュレス決済端末
・セルフオーダーシステム、自動受付機
・自動ドア、インターフォン、センサーダストボックス
・タッチレススイッチ(自動水栓、センサー式照明等)
・とりわけ菜箸、とりわけトング
・感染対策案内看板、抗ウイルス看板、ステッカー
・感染拡大防止周知動画、感染防止啓発等のポスターおよびその印刷

6.その他
<その他>
・感染症対策マニュアル作成
・PCR検査費、抗原検査費、抗体検査費
・PCR検査キット、抗原検査キット、抗体検査キットの購入
・リース料(感染拡大予防ガイドライン等に基づく感染症対策のための必需品)

7.専門家アドバイス支援
<具体例>
・調査手数料、コンサルティング、専門家による講習費、技術指導費、専門家への謝礼および旅費


(2) 新たな需要に対応するための取組

1. ワーケーション 受け入れ環境整備
[改修・増設]
<具体例>
・改修・増設(客室内外、食事スペース、キッズルーム、防音工事、和室のフローリング化など)
・電源新増設工事、通信設備新増設工事(WiFi、有線LAN、アクセスポイントなど)
・コインランドリー設備新増設、非接触チェックインシステムの導入
・外出をしなくても長期滞在ができる客室空間を作るための改修(客室壁面をデザイン性のあるものへ改修など)

[機器設備・環境整備]
<具体例>
・事務用机、椅子、照明機器、プリンター、シュレッダー、プロジェクター、スクリーン
・PC周辺機器(WEB会議用PC、WEBカメラ、WEBマイク、WEB会議ソフトおよび利用料)
・貸し出し用パソコン、LANケーブル、延長コード、遠隔会議システム
・食事スペース用のテーブルや椅子、電子レンジ、洗濯機、乾燥機
・パーテーション、スマホ充電器

[コンテンツ開発]
<具体例>
・コンテンツ企画造成費用

2.マイクロツーリズム 受け入れ体制整備
[改修・増設]
<具体例>
・ロビー/厨房/食堂/大広間/廊下/共同トイレ/共同浴場等の3密回避等のためのリノベーション
・家族/小グループに対応した客室や貸切風呂の整備
・バイキングから個別対応のための厨房工事、客室/共有スペースのトイレの洋式化/改修
・多目的トイレ/おむつ交換台/授乳室の整備/設置、ロッジ等の改修

[機器設備・環境整備]
<具体例>
・携帯電話等バッテリー
・グランピング用大型テントの購入、電動自転車購入

[コンテンツ開発]
<具体例>
・コンテンツ企画造成費用、体験プログラム開発、カヌー/ラフティング購入
・レンタル用品(シュノーケリングセット等)購入
・共通食事クーポン/共通入湯券/共通乗車券企画開発経費

3.ユニバーサルツーリズム、新たな需要に対応するための取組
[改修・増設]
<具体例>
・ロビー/客室/食堂/大広間/廊下/共同トイレ/共同浴場等のバリアフリー化のためのリノベーション
・耐震化防火耐火に関する改修改築
・音声/点字による案内の設置や開き戸から引き戸への改修、スロープや手すりの設置
・車いす対応エレベーターの設置、貸し出し用車いす/雨具の配置
・バイキングから個別対応のための厨房工事、客室/共有スペースのトイレの洋式化/改修
・多目的トイレ/おむつ交換台/授乳室の整備/設置、ロッジ等の改修

[機器設備・環境整備]
<具体例>
・高齢者に配慮した献立提供のための備品
・デジタルサイネージ設置、ポータブル電源装置
・非常用電源装置、消防/防災セット/備品、消防/防災セット
・携帯電話等バッテリー
・施設ウェブサイトの整備/多言語化
・グランピング用大型テントの購入、電動自転車購入
・音声案内サービス提供経費
・宿泊客送迎車の1台当たりの乗車人数を減らすための自動車購入(汎用性がある車両は対象外)
・デリバリー、移動販売に必要な専用車両の購入(汎用性がある車両は対象外)

[コンテンツ開発・受け入れ整備]
<具体例>
・コンテンツ企画造成費用、多言語看板の整備
・多言語案内用タブレット端末/多言語翻訳機
・観光アプリの整備経費
・共通食事クーポン/共通入湯券/共通乗車券企画開発経費
・新たなサービス提供に関連するプロモーション経費、イベント展示品への保険料
・従業員等の研修経費、ガイド育成研修経費
・キャッシュレス化整備費用
・ムスリムフレンドリー受入対応に係る費用(キブラマー ク・礼拝マット等の配置)
・ハラルメニューに関する掲示物の作成(アレルギー、食材 等)
・名産品の企画開発経費
・パンフレット、リーフレット作成経費

4.専門家アドバイス支援
<具体例>
・調査手数料、コンサルティング、専門家による講習費、技術指導費、専門家への謝礼および旅費
※県内の専門家に依頼して下さい。県外の専門家に依頼する場合は、県外の専門家である必然性の説明が必要です。

補助率・上限額等

補助率: 1/2(※1,000円未満の端数がある場合は、端数を切り捨てた額)
上限額: 客室数により段階的に変動します、下記ご確認ください。
1~10室   100万円
11~20室 150万円
21~30室 200万円
31~40室 300万円
41~50室 400万円
51室以上  500万円

※旅館業営業許可証を取得した施設ごとに1回の申請となります。

公募期間

令和3年9月13日(月曜日)~令和3年11月15日(月曜日)まで
※予算上限に達した時点で申請受付を締め切ります。

補助金活用コンサルティングサービス

上記以外の補助金事業や不明点、相談などについても、こちらまでお気軽にお問い合わせください。
※こちらは補助金の申請窓口ではありません。