Grant · grant information

東京都 NEW

【太陽光発電設備や再エネ発電設備、再エネ熱利用設備に活用できる助成金】東京都「地産地消型再エネ増強プロジェクト」について先立ちお知らせいたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

東京都「地産地消型再エネ増強プロジェクト」について先立ちお知らせいたします。

本事業は、東京都の再生可能エネルギーの導入拡大を図るため、地産地消型の再生可能エネルギー発電等設備及び熱利用設備の導入に対して助成するものです。

事務局

○公益財団法人 東京都環境公社
https://www.tokyo-co2down.jp/subsidy/chisan-zokyo

助成対象事業者

① 中小企業基本法(昭和38年法律第154号)第2条第1項の要件を満たす民間企業
② 個人事業主
③ 独立行政法人通則法(平成11年法律第103号)第2条第1項に規定する独立行政法人
④ 国立大学法人、公立大学法人及び学校法人
⑤ 一般社団法人、一般財団法人、公益社団法人及び公益財団法人
⑥ 医療法(昭和23年法律第205号)第39条に規定する医療法人
⑦ 社会福祉法(昭和26年法律第45号)第22条に規定する社会福祉法人
⑧ 事業ごとの特別法の規定に基づき設立された協同組合等
⑨ 法律により直接設立された法人
⑩ 上記①から⑨までに準ずる者として公社が適当と認める者
⑪ ①から⑩以外の民間事業者

助成対象事業

再エネ設備を都内に設置し、設備から得られたエネルギーを都内の施設で消費する事業

助成対象設備

(1) 再エネ発電等設備(太陽光発電、発電設備と併せて導入する蓄電池等)
共通要件: 下記のすべての要件を満たすものとする。
①電気事業者による再生可能エネルギー電気の調達に関する特別措置法(平成23年法律第108号)第9条第3項の認定を受けない自家消費を主たる目的としたもの(固定価格買取制度において認定を受けないもの)であること。

② 再生可能エネルギー発電設備の年間発電量が、発電した電力の需要先の年間消費電力量の範囲内であること。

(2) 再エネ熱利用設備(太陽熱利用、地中熱利用、バイオマス熱利用等)
共通要件: 下記の要件を満たすものとする。
再生可能エネルギー熱利用設備の年間発熱量が、当該熱を供給する施設の年間消費熱量の範囲内であること。

助成率・上限額等

(1) 中小企業等
助成率: 2/3以内
上限額: 1億円

(2) その他
助成率: 1/2以内
上限額: 7,500万円

公募期間

令和4年1月11日(火曜日)から令和3年度の交付申請書受付を再開いたします。

補助金活用コンサルティングサービス

上記以外の補助金事業や不明点、相談などについても、こちらまでお気軽にお問い合わせください。
※こちらは補助金の申請窓口ではありません。