Message from the President

人類の未来に貢献するために

小野博人

私たちの創業は、1999年、前進のグローバルジャパン名での創業でした。
最初の事業は、技術力を活かしたモバイル基地局の設置でした。
離れたところの相手と、常に手のひらの上にある端末で連絡がとれるというのは、新しい時代の到来を予感させ、その後のコミュニケーション革命を感じました。
実際、今ではモバイル通信はあたりまえになり、いつでも自由に情報を交換できるツールを手に入れたことは、人類にとって大きな転換点になったと思います。

それ以来、私たちの事業の軸足は「人類の未来につながる価値を創造する」ことになりました。まだ世の中に浸透していない、時代の先端を担う事業を行うことが、私たちの提供価値であり、人類の未来に貢献することだと思っています。

しかし、人類の未来に貢献する時代の先端事業のすべてが、モバイル通信技術の提供のように、世の中を便利に、豊かにさせるものだけとは限りません。
現在、私たちの主要事業は、2011年の東日本大震災でも浮き彫りになったエネルギー問題の解決や、2015年のCOP21において採択された「パリ協定」で掲げられたCO2削減目標を担う環境事業です。
まだ日本には数少ない省エネルギーコンサルタントとして、これら、国策となっている省エネルギー機器の普及やコンサルティングに誇りを持って取り組んでいます。

今、世界ではSDGsが企業経営の新たな国際基準となり世界が一丸となって達成するべき目標が設定されています。 貧困や飢餓、格差や教育、気候変動や自然破壊等々、計17項目のグローバル目標と169のターゲット(達成基準)が設定され、より良い未来に向けて全世界が動き出しています。

Sustainable Development Goals

当社におきましてもSustainable Development
Goals(持続可能な開発目標)への貢献に向けて、私たちの省エネルギーを主とした環境事業だけでなく、まだ取り組んでいないこれらの目標達成に貢献できる事業を、これからも時代の先端技術、ノウハウを積み上げ、事業として、私たちも最大限、SDGsなどの課題解決に向けた取り組みを加速させていきます。

2018年12月 小野 博人