EMS事業

電力の「見える化」「省エネ」「管理」で、無駄をカット!
効率的なエネルギーマネジメントシステム(EMS)!

「EMS(エネマネ)」とは情報通信技術を活用して、家やマンション、ビルや工場などエネルギー(電気やガス等)の使用状況をリアルタイムに把握・管理し、最適化するシステムです。
EMS普及のため省エネ設備導入をお考えの際には、「エネマネ事業者」のエネルギーマネジメントシステム(EMS)を導入し、エネルギー支援サービスを受けることで補助金が交付されます。

エネマネ

株式会社GNEはエネルギー使用合理化等事業者支援補助金におけるエネマネ事業者主幹事として、当補助金事業に係わるサポートを行っております。
※エネマネ事業者の詳細は一般社団法人 環境共創イニシアチブ(sii)のホームページをご覧下さい。
※弊社のEMSではビルや工場、商業施設、一般施設における見える化と制御を目的としたサービスとなります。

弊社エネマネ事業によるエネルギー管理支援サービス

EMS(エネマネ)ができることは?

EMS(エネマネ)が導入された建物では以下のような省エネ・エネルギーコントロールが可能となります。

● 空調機器の自動最適運転など

● 照明機器の自動最適制御

● 設備機器のスケジュール運転

● エネルギー消費量の管理、分析、最適化

● デマンドレスポンス(電力需給逼迫時の電力消費抑制など)

エネマネ事業者(エネルギー管理支援サービス事業者)について

● エネルギー使用合理化等事業者支援補助金におけるエネマネ事業者

一般社団法人環境共創イニシアチブ(SII)に登録されたエネルギー管理支援サービス事業者です。
工場・事業所において導入する省エネルギーに寄与する設備・システムや、電力ピーク対策に寄与する設備・システムなどに対して、EMSを導入し、エネルギー管理支援サービスを通じて工場・事業所毎の省エネルギー事業を支援する者としてSIIに登録された事業者です。

● EMS(エネルギーマネジメントシステム)

工場・事業場等のエネルギー使用量の最適化と低減を図るシステムです。エネルギー使用機器を管理し、エネルギーの見える化(デマンド監視)と併せて設備を制御する事です。
またEMSを設置しエネマネ事業者による支援を受ける事で「エネルギーマネジメントサービス」と定義する事もあります。

エネルギーの見える化

補助対象となる主な事業
“政策的意義の高い”と認められる事業に対し、補助が受けられます。
条件及び事業スキーム

※ 補助金の交付には民間執行団体及び国の採択基準により決定されます。

基本スキーム

※ EMSの導入はエネマネ事業者より、その他省エネ機器は設備会社3社競争の下導入先を決定します。

その他、補助金のご案内はこちらから